2008年05月25日

京都の路地裏で:建仁寺両足院

「京都の路地裏で」も、とうとう80回を数えてしまいました。
その80回目は建仁寺両足院(りょうそくいん)を取り上げます。

両足院は、建仁寺第35世龍山徳見禅師を開山として創建された建仁寺の塔頭で、創建当初は「知足院」という名前でした。
それが天文年間の火災の後、知足院の別院だった両足院と併合して両足院と称するようになりました。この改称には、当時の天皇・後奈良天皇の名「知仁」を避けるためだったという説があります。

開山の龍山徳見禅師は変わった経歴を持っており、円覚寺で一山一寧についたあと、一山一寧の勧めで中国(当時は元王朝)へ渡り、一時は監禁の身になるなどの苦労を重ね、最後は元王朝から官寺の住持に任命され、また、中国で途絶しそうになっていた臨済宗黄龍派を復興させるまでに至りました。その後、在元40年にして帰国し、建仁寺、南禅寺、天龍寺の住持を歴任しました。

両足院は、饅頭の祖である林淨因と深い関係がありますが、これは龍山徳見禅師が帰国する際、禅師の弟子だった林淨因が、禅師を慕って日本までついてきたことによります。彼は奈良で饅頭を売り出し、彼の子孫が帰化して林家が続いたことで、現在の塩瀬総本家につながっています(塩瀬の歴史もご参照願います)。
林家からは(知足院との併合前の)両足院創建の文林寿郁(林淨因の曾孫)を始めとして、両足院の住持を輩出しています。

その後も両足院は建仁寺住持や、対馬にあって朝鮮との外交に当たった寺院「以酊菴」へ輪住した和尚を輩出するなど、建仁寺の中心寺院としての役割を果たして現在に至っています。


両足院には、江戸時代に作庭された3つの庭園と、それらとは別に坪庭があり、それぞれについて見ていきたいと思います。


まずは「唐門前庭」です。
ryosokuin01.jpg
南禅寺天授庵の参道を思わせる石畳の両脇には白砂と苔、青松の世界が広がり、対照的に見せることで、参道の印象をより深いものにしています。

唐門の中にはのぞき窓があり、門の向こうを臨むことができます。
ryosokuin02.jpg


方丈前庭」です。
ryosokuin03.jpg
方丈の庭に見られる白砂中心の庭ではありませんが、苔と松、そして少々の石組のみという簡素な庭です。

青々とした苔の上に三尊石組が据えられ、いかにも禅宗の庭らしい佇まいです。
ryosokuin04.jpg
苔の青さが、特に印象的です。

方丈前庭を東側に回りこむと、まずは座禅石を目にします。
ryosokuin05.jpg
このあたりもいかにも禅宗らしいところです。

さらには、見事な松があります。
ryosokuin06.jpg
その周囲にも石組がされていますが、こういった石組も基本的には三尊石組を意識して造られているのではないか、とのことです。


方丈前庭までが枯山水、書院側の庭は池泉回遊式であり、この門が二つの庭を仕切っています。
ryosokuin07.jpg
建物の配置の関係からか、門の手前と向こうで印象が異なって見えます。


こちらは、「書院前庭」です。
江戸中期の作庭で、京都府の名勝に指定されています。
作庭には、両足院第十世の雲外東竺和尚に参禅していた、茶道薮内流の五代藪内竹心が携わったのではないかとされています。
ryosokuin08.jpg
池の向こうに見える茶室は、左が織田有楽斎好みの国宝の茶室・如庵を写した「水月亭」、右が六帖席の「臨池亭」です。

書院前庭は、前述の通り池泉回遊式の庭園です。
ryosokuin09.jpg
視点が変われば、庭の印象も変わります。
ryosokuin10.jpg
丁寧な石組が、江戸中期らしい繊細さなのかもしれません。

特に目立つのは、書院から真正面に見える築山です。
ryosokuin11.jpg
石を立てて使っていて、池泉式の庭園の割には少々厳しい印象があります。
この多数の石は、羅漢に見立てられそうですが、茶人が造った庭だとすれば特に深い意味付けはされていない可能性もあります。

この池の周りには、三白草(半夏生)が植わっていまして、梅雨の時期になると一斉に葉の色を変えて、この庭を彩ります。
ryosokuin12.jpg
この季節感こそが、名勝たる由縁なのでしょう。


こちらは、坪庭「閼伽井の庭」です。
ryosokuin13.jpg
閼伽井とは「あかい」と読み、仏前に供えるための水を汲む井戸、という意味になります(参考・・・wikipedia)。

それほど、庭の構成要素が主張することのない、おとなしくて穏やかな庭です。
ryosokuin14.jpg
それぞれが単独で自己主張するわけでもない砂と苔の石が、絶妙に調和している様は、かなり素晴らしいものだと思います。
通路に囲われているような坪庭で苔があるというのも珍しいですが(この庭の上は吹き抜け状にはなっていますが)、そのことが余計に強い印象を与えているのかもしれませんけれども。


ほとんどその存在を知られていない建仁寺両足院ですが、近年座禅や庭園拝観を積極的に行うようになってきています。
建仁寺自体が市街地の近くにあっても静寂を保っている「隠れたる名所」ですが、さらに隠れたところにこういう塔頭があることが、何とも奥ゆかしいところではないかと思います。


−両足院の概要−
宗派:臨済宗建仁寺派
拝観日時:指定(所要1時間超、要予約)
拝観料:1000円(抹茶接待付き)
住所:京都市東山区大和大路通四条下ル4丁目小松町591

−建仁寺への行き方−
京都市バス80、202、206、207系統で「東山安井」バス停下車、徒歩5分
京阪電車四条駅から徒歩8分
阪急電車四条駅から徒歩11分
ラベル:京都
posted by karesansui at 22:49| 京都 ☁| Comment(5) | TrackBack(0) | 京都(洛中) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
写真を拝見して
誘われるように訪れましたよ
両足院

半夏生
見頃で、池の淵を彩る白い葉っぱが
何とも幻想的な風景でした

情報ありがとうございます
Posted by 雪だるま at 2008年06月27日 05:29
コメントありがとうございます。
> 雪だるまさん
小生も、何故か都合がついてしまったので、またまた両足院へ行ってしまいました。
半夏生、実に良かったです。
ということで、こちらの写真も少し差し替える予定です。
Posted by karesansui at 2008年06月28日 22:59
おはよう御座います。今朝電話をしました者ですが、目下茶道について調査をいたしております。小生のブログ「中村満次郎エッセイ集」を立ち上げていますので、検索してみてください。ここに記事を引用させていただきたいのです。奈良に住んでいます関係で、漢国神社にあります、林神社についても触れたくて、その上、龍山徳見禅師の経歴についても書きたいと思っています。引用の許可がいただければ幸いです。(10月30日)
Posted by 中村 at 2008年10月30日 09:43
コメントありがとうございます。
> 中村さん
引用は結構ですが、小生も両足院の住職さんに聞いた話をそのまま書いていますので、その辺りにご配慮いただければと存じます(概ね両足院のwebサイトに同じことが書いてありますが)。
Posted by karesansui at 2008年11月09日 18:27
中村満次郎さん、ご無沙汰しています。 いま、両足院のページを繰っていて、偶然お名前を発見し、つい懐かしかったものですから、メールさせて頂きました。ますますマメにご活躍されているようで、結構なことです。 両足院へは20年ほど前に調べ物があり、訪ねたことがあります。 ボクももう83才、悠々自適と言いたいところですが、じつは何もせず、酔生夢死の日々を送っています。 貿専も無くなり、伊井野君も彼岸へ転居し、淋しいことです。 お暇なときにメールを下さい。 中村 健(芦屋市)
Posted by 中村 健 at 2009年09月12日 14:47
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。