2007年11月12日

京都の路地裏で:妙覚寺

「京都の路地裏で」79回目は、妙覚寺(みょうかくじ)を取り上げます。

妙覚寺は、山号を具足山といい、妙顕寺立本寺とともに三具足山と呼ばれています。
具足山という山号に共通される各寺はすべて日像上人が開山とされていますが、妙覚寺は実際には竜華院日実上人(立本寺の実質的な開山)によって創建されたようです。日実上人の院号「竜華院」から、北竜華とも呼ばれています。
立本寺も日実上人による関与があり(実質的な開山)、妙顕寺、妙覚寺ともども四条大宮が始まりの地とされていますので、当初より三具足山は近しい関係にあったことが間違いなさそうです。

その後、二条衣棚に移り、その地で他の京都にある日蓮宗の寺院と同じく天文法華の乱に遭い、焼失して堺に逃れています。
織田信長の頃には信長の宿舎の一つとなっていたようですが、本能寺の変で焼けたと伝えられています。
他の寺院ともども、豊臣秀吉の聚楽第造営にあたって現在地に移りました。天明の大火によって大門以外は焼けてしまい、伽藍を再築して現在に至っています。

妙覚寺は庭園「法姿園」が素晴らしく、この庭園を中心に紹介したいと思います。


まずは、大門から。
myokakuji01.jpg
大門は聚楽第の遺構と伝えられる門ですが、寺伝以外にそのことを伝えるものはなく、信憑性は充分とは言えません。

ただ、城門特有の両潜扉や梁の上に空虚を置いて伏兵できるようにしている構造は、秩序統制が厳しい江戸時代以降の建物であれば無駄、かつ建築が許されないもので、この門が江戸期以前のものであるのは間違いないように思われます。


祖師堂です。
myokakuji02.jpg
日蓮宗は本堂ではなく祖師堂を伽藍の中心としており、塀に隠れてほとんど目立たない本堂と比べて、威風堂々としております。


さて、その本堂の前にあるのが、法姿園の前庭と呼ばれる部分にあたります。
myokakuji03.jpg
本堂前の唐門と塀に囲まれたこの庭園は、楓と杉苔が織り成す新緑や紅葉の風情が素晴らしく、思わず見惚れてしまうほどのものだと思います。

あまりにも素晴らしいが故に、この世のものではないような印象さえ受けます。

角度を変えてみると、木々が正面に向かっては真っ直ぐに、それぞれの木自体は多少斜めにずらしてといった感じでかなり計算された配置になっているように伺えます。
myokakuji04.jpg
また、庭が単調にならないように、松や桜が植えられているのも伺えます。

一見自然のようで、実はかなり人工的というのも、庭園というものの妙ではないかと思います。

こちらは、法姿園の中庭になります。
myokakuji05.jpg
本堂からも書院からも眺められる庭園で、堂々たる松の木を中心に井戸を配した、いかにも中庭らしい庭だと思います。
前庭の異世界的な印象と比べると、日常ありふれたような、落ち着いた佇まいがあり、こちらも別の風情があるいい庭だと思います。


法姿園の名は、「おもしろや 散るもみぢ葉も咲く花も おのずからなる法のみ姿」という古歌に由来しているそうですが、特に前庭の風情が「法のみ姿」を思わせるものがあって、名付け方として非常に興味深いものがあります。
当然、庭が先にあって名前が後、なんでしょうけれども・・・。


−妙覚寺の概要−
正式名称:北竜華具足山妙覚寺
宗派:日蓮宗
拝観料:500円(本堂・庭園(法姿園の拝観は、基本的には要予約です))
拝観時間:9:30-16:30
住所:京都市上京区新町通鞍馬口下ル下清蔵口町135

−妙覚寺への行き方−
京都市営地下鉄鞍馬口駅から徒歩10分
京都市バス9、12、67系統で「天神公園前」バス停下車、徒歩3分
タグ:京都
posted by karesansui at 01:00| 京都 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 京都(洛中) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
狩野派の絵師は
http://www.geocities.jp/motoka_kano
先祖狩野大学氏信一族(1616〜1669)と
窪田 善助(五助)1617卒【一忠不過之居士」陽山智光大姉(母は明智光秀の次女)
長岡与五郎興秋(細川)黄梅院殿真月宗心大居士
のお墓参りがしたいです。
Posted by 狩野 聖子 at 2008年03月25日 21:51
コメントありがとうございます。
> 狩野 聖子さん
妙覚寺でしたら、境内の外、北西側に墓地がありまして、そこに狩野一族の墓がある、といいます。
ただ、狩野はすべての墓がそこにあるというわけでもなく、池上本門寺にあったりするみたいですけれども・・・。
その分野には詳しくありませんで、申し訳ございません。
Posted by karesansui at 2008年03月25日 23:48
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/65960883
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。