2007年09月22日

題名未定・奈良のお話:第七話・慈光院

7回目の「奈良のお話」は、慈光院(じこういん)を取り上げます。

慈光院は、賤ヶ岳の七本槍の一人として、また豊臣秀頼の傅役として知られる片桐且元の甥、片桐貞昌(石州)が、父・貞隆の菩提を弔うため、1663年(寛文3年)に大徳寺185世玉舟和尚を迎えて建立した寺院です。
片桐石州は知恩院再建の普請奉行や仙洞御所の庭園の作庭など、作事に功績があり、また茶道石州流の祖の茶人としても知られています。

慈光院は、寺ではありますが、どちらかというと寺というよりは茶室の風情があり、これは石州の個性がそのまま出たものなのでしょうか。
この風情を味わうことが、つまり慈光院を拝観することだといっても過言ではないでしょう。


慈光院の、一之門から茨木門にかけての参道は、樹木に囲われて、周囲と比べると涼しげでやや暗い空間になっています。
jikoin00.jpg
このあたりは、陽射しの強い晴れた日よりも、薄曇りで少々影を感じるくらいがちょうどいいのではないかと思います。

茨木門です。
jikoin01.jpg
もともとは片桐且元の居城だった摂津茨木城(一国一城令で廃城)の楼門だったものですが、茶席の風情に合うように茅葺きに葺き直されています。

茨木門を反対から見ます。
jikoin02.jpg
こうして見る限り、やはりここが寺という感じはしません。

慈光院のメインの建物ともいえる書院(国重文)もまた、屋根が茅葺きになっています。
jikoin03.jpg
そして、屋根もまた低くなっているように見えますが、これは慈光院のホームページによれば「全体的に天井や鴨居の高さを低くしてあることで、座敷に座ったときに最も安らぎや落ち着きが出るように考えられている」とのことです。

本堂側から書院を望みます。
jikoin04.jpg
手前側にあるのが閑茶室とその水屋であり、茶室の佇まいに合わせた風情ある中庭が広がっています。

こちらが閑茶室です。
jikoin05.jpg
慈光院は寺というより茶室の風情、と書きましたが、慈光院には2つの重要文化財の茶室があります。
一つは書院にある亭主床の高林庵茶室であり、もう一つがこちらの閑茶室(逆勝手)です。

どちらの茶室も石州作であり、国の重要文化財に指定されています。
大名の茶室ですので、にじり口から入るような形にはなっていません。


中庭です。
jikoin06.jpg
一部は近年の本堂再建の際に整備されたのではないかと思いますが、茶席の前に相応しい、侘びな佇まいの庭だと思います。

中庭を茶席側から見ると、目前に手水鉢があります。
jikoin07.jpg
慈光院には、石州作で国の重要文化財に指定されている手水鉢・蹲が4つあります。
手水鉢が文化財に指定されるのは珍しいですが、これも慈光院のあり様を考慮に入れた上でのことではないかと思われます。


さて、いよいよ慈光院の庭園について書いてみたいと思います。

こちらは書院庭園(南側)です。
jikoin08.jpg
慈光院では庭園も茶席の一部という位置付けであったと考えられ、石はほとんど置かれることがなく、灯籠も庭にはありません。
石の類で庭の中にあるのは、手水鉢・蹲と地面に敷かれた砂くらいです。

そのような意味で、この庭園は思索の庭園というよりは寛ぎの庭園だということは言えるでしょう。

しかし、サツキの大刈込からは、この庭が寛ぎの庭とはいえ、心を完全に弛緩させてしまうようなものではない、一種の緊張感を与えてくれます。
jikoin09.jpg
私は茶道を良く知りませんが、庭から感じる一種の緊張感が、茶道の場に相応しいものなのではないかと思います。

こちらが書院庭園の東側にあたります。
jikoin10.jpg
創建当初から数十年前までは、大和平野を見下ろす雄大な借景が望めましたが、現在ではこの通り景観が壊れています。
円通寺の庭園が、現在に至って借景の保存ということがいわれてきているのに対し、こちらの借景は平野を望むものである以上、少しでも都市化が進めばある程度壊れるのはやむを得ないところではありましょう。

しかしながら慈光院のすばらしいところは、木を植えて少しでも景観を取り戻そうと努力を始めていることにあります。
同様の努力は、実は円通寺でも行われていますが、こちらは植樹の規模が大きく、50年後や100年後を見据えて500本以上の木を植えたそうです。

進んでしまった都市化は今更そう簡単にもとに戻せるものでもありませんし、もとに戻さなければならないものでもないと思いますが、そうではあっても景観を取り戻し、未来に伝えていこうとする慈光院の姿勢には感銘を受けました。
他の多くの文化財とともに、石州の個性、慈光院の風情が今後も永く伝えられることを願わずにはいられません。


−慈光院の概要−
寺号:円通山慈光院
宗派:臨済宗大徳寺派
拝観料:1,000円(お薄と和菓子をいただけます)
拝観時間:9:00-17:00
住所:奈良県大和郡山市小泉町865

−慈光院への行き方−
JR西日本関西本線(大和路線)大和郡山駅から徒歩15分
近鉄電車橿原線郡山駅から奈良交通24、50、97系統で「慈光院」バス停下車、「片桐西小学校」バス停下車、徒歩3分(奈良交通97系統は春日大社−法隆寺を結ぶ奈良・西の京・斑鳩回遊ラインと呼ばれ、東大寺、興福寺、唐招提寺、薬師寺、法隆寺などの諸寺を結んでいます)
タグ:奈良
posted by karesansui at 23:26| 京都 ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | 奈良(奈良市外) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/56686122
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック


Excerpt: 大徳寺大徳寺 (だいとくじ)は、京都市北区 (京都市)|北区紫野(むらさきの)にある禅宗寺院で、臨済宗大徳寺派大本山である。山号を龍宝山と称する。本尊は釈迦如来、開基(創立者)は大燈国師宗峰妙超(しゅ..
Weblog: 『茶道』の知識
Tracked: 2007-10-13 09:53
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。