2007年07月01日

京都の路地裏で:三室戸寺

76回目は、花の寺として著名な三室戸寺(みむろとじ)を取り上げます。

三室戸寺は明星山と号する本山修験宗の別格本山で、西国観音(西国三十三所)霊場10番の札所でもあります。本山修験宗は聖護院門跡を総本山とする密教系の宗派で、平たく言えば修験道の宗派です。
修験道は良く知られるように、山に籠もって修行を行う宗派ですが、もともと神仏を習合する性格がかなり強い教えだったため、明治維新の際に出された神仏分離令によって「禁止」とされ、修験道の一部はそれぞれ仏教の一宗派となり、本山修験宗は天台寺門宗(園城寺(三井寺)を本山とする天台宗系の宗派)から戦後に独立したものです。

三室戸寺は770年(宝亀元年)に、三室戸寺の奥の岩渕から出現した千手観音菩薩を本尊として、光仁天皇の勅願により創建されたと伝えられます。そのような謂れの本尊があることから、天皇貴族はもとより庶民も観音詣でをしたことで、三室戸寺はかなり賑わったとされています。
1573年(天正元年)の槇島合戦で足利義昭に加勢したため、織田信長に焼き討ちされ、現在の本堂は1805年(文化2年)に再建されたものです。
修験道の宗派だった割に、特に廃仏毀釈の影響は見られないように思われます。

三室戸寺の庭は「枯山水」「池泉」「広庭」に分かれていますので、これらをそれぞれ取り上げてみたいと思います。


こちらが本堂です。
mimurotoji01.jpg
前述の通り、1805年(文化2年)の再建ですが、重層入母屋造の堂々たるもので、当時は神仏習合の色合いが濃い寺ではありましたが、神社の影響があまり感じられない堂々たる寺院建築になっていると思います(境内には十八神社という神社もあるので、神仏習合のうちの神社的な部分はこちらで担っているのかもしれません)。

こちらは三重塔です。
mimurotoji02.jpg
もともとは兵庫県三日月町の高蔵寺にあったものを、1910年(明治43年)に移したもので、きちんと朱塗りされているために古さは感じさせませんが、建造からは300年経っています。


こちらが枯山水の庭園です。
mimurotoji03.jpg

庭自体にはあまり奥行きはありませんが、背景の木々や山を借景に見る庭で、なかなかスケールが大きい庭だと思います。
mimurotoji04.jpg


こちらが池泉回遊式の庭園です。
mimurotoji05.jpg

池泉の庭園の方は、枯山水とは打って変わってやや小ぢんまりとした、水の涼しさや花、紅葉を嗜む造りになっています。
mimurotoji06.jpg


広庭は、ツツジ、石楠花、紫陽花、紅葉など、四季を通じて色とりどりの花が楽しめる庭となっています。
mimurotoji07.jpg

中でも紫陽花は、1万株もの花が所狭しと一斉に花を付け、まるで紫陽花畑のような錯覚を起こしてしまうほどのものです。
mimurotoji08.jpg
mimurotoji09.jpg


また、本堂前のハス園は6月下旬から8月上旬にかけて様々な種類のものが代わる代わる花をつけていきます。
mimurotoji10.jpg
mimurotoji11.jpg

もともと庶民に信仰の篤かった寺ではありますが、そんな、季節季節の花の美しさが、修験道の厳しさとは少々趣の違う三室戸寺の「売り」なのが、一風変わっていて面白いところではあります。


−三室戸寺の概要−
寺号:明星山三室戸寺
宗派:本山修験宗
拝観料:500円
拝観時間:8:30-16:30(11月から3月まで8:30-16:00)
住所:京都府宇治市菟道滋賀谷21

−三室戸寺への行き方−
京阪電車三室戸駅より徒歩15分
JR西日本奈良線宇治駅、京阪電車宇治駅より京阪宇治バス43、104系統(明星町経由JR黄檗駅行、104系統は京阪宇治始発でJR宇治は経由せず)で「三室戸寺」バス停下車、すぐ
・JR西日本奈良線黄檗駅より京阪宇治バス43、104系統(明星町経由京阪宇治または太陽が丘行)で「三室戸寺」バス停下車、すぐ
ラベル:京都
posted by karesansui at 22:50| 京都 ☔| Comment(2) | TrackBack(1) | その他京都 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
他称若年寄の日々侘び寂び様
はじめまして、
京都府の塗り絵のサイトの製作中の管理人のクレヨン則さん(望月則洋)と申します。
西国十番三室戸寺の本堂のイラスト、塗り絵を作りました、画像参考にさせていただき、ありがとうございます。
サイトからのリンクもさせて頂きましたのでご報告いたします。
京都の素晴らしさ塗り絵にするよう勤めてまいります。ありがとうございました。
             望月則洋
Posted by クレヨン則さん at 2008年10月13日 21:04
コメントありがとうございます。
> クレヨン則さん
塗り絵拝見させていただきました。
面白いサイトを運営されているようで、参考になりました。
今後ともよろしくお願い致します。
Posted by karesansui at 2008年10月19日 20:25
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック


Excerpt: 枯山水枯山水(かれさんすい)は、日本庭園や日本画の様式・風のひとつ。.wikilis{font-size:10px;color:#666666;}Quotation:Wikipedia- Articl..
Weblog: 造園・園芸を語る!
Tracked: 2008-02-27 15:35
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。