2005年05月20日

京都の路地裏で:大徳寺芳春院

49回目の今回は、2005年から春季と秋季に特別拝観を行っている大徳寺芳春院(ほうしゅんいん)を取り上げます。

芳春院は、大徳寺の塔頭の一つで、芳春院=まつ(前田利家夫人)を開祖として、1608年(慶長13年)に開創された、前田家の菩提寺です。
開基は紫衣事件で出羽に流された玉室宗珀です。

創建から200年近く経った1796年(寛政8年)に火事で全焼し、現在の建物はその2年後に再建されたものです。
その後、明治の廃仏毀釈で堂宇の大半を失いましたが、1875年(明治8年)に復興しました。

芳春院には京の四閣の一つにあたる「呑湖閣」(どんこかく)と小堀遠州作庭の庭園があり、さらには中根金作氏作庭の枯山水庭園「花岸庭(かがんてい)」があります。
それらを中心に書いていきたいと思います。



芳春院へのアプローチです。
この写真は秋に撮ったので、大変紅葉が美しくなっています。
houshunnin01.jpg

芳春院に入るまでに、四季折々の草木の彩りを味わうことができます。
特に、秋はとてもいいと思います。

芳春院の方丈前庭は「花岸庭」といい、中根金作氏作庭の枯山水庭園になります。
houshunnin02.jpg

一応の解釈は、「山渓から流れ出る水が大海へ帰る大自然」を表すとされていますが、禅宗の枯山水らしく、「彼岸と此方」「三尊石組」などの解釈もできますし、山の石組の一つを構成する大きい岩は、「芳春院(まつ)が左手側の袖を見せている」ようにも見えるそうです。

花岸庭の東側になります。
houshunnin03.jpg

こちら側は、この庭がかつて「桔梗の庭(芳春院が桔梗を好んだという話に由来します)」だった雰囲気を少々残していて、苔の緑が、他の場所より割りあい広くなっています。

桔梗の庭は、時期には大変美しいものですが(東福寺天得院の記事をご参照ください)、時期以外には全く見栄えのしない庭になってしまいます。
そのため、このような枯山水庭園に改修したとうかがいました。


こちらが、呑湖閣です。
「京の四閣」と言った場合には、金閣・銀閣・飛雲閣・呑湖閣を指し、「京の三閣」と言う場合には呑湖閣が除かれ、「京の五閣」と言うならば、東福寺開山堂常楽庵(伝衣閣)を加えるようです。
houshunnin04.jpg

庭園手前右側の建物が「近衛文麿が京都大学に通う際に下宿先とした書院」なのですが、明治時代にこの書院が建造されるまでは、呑湖閣の下の湖がもっと広く、その先に望めた比叡山を湖の中に飲むように見られる様子から、「呑湖閣」と名付けられたそうです。
呑湖閣周辺の庭園は、小堀遠州作といわれますが、実際に遠州が策定したかどうかは別として、何となく遠州系の香りがする、鮮やかで石組が見事な庭園だと思います。

芳春院は大徳寺の最も北にあり、最も標高の高いところにありますので、呑湖閣の南からは、三門や法堂を望むことができます。

※呑湖閣は、今回の定期拝観では撮影禁止となっています。この写真は以前にここの特別拝観があったときに、認められて撮ったものであることを申し添えておきます(そのときは、打月橋の銘まで撮ったはずなのに、PC入れ替えか会社のPCのOS入れ替えの際になくした模様・・・)。


今後は定期拝観を春と秋に行うそうですが、京の四閣のうち、金閣と銀閣以外はそう易々と見られるものではありません。この機会ですので、是非ご覧いただければと思います。


−芳春院の概要−
宗派:臨済宗大徳寺派(北派)
拝観料:500円(随時確認要)
拝観時間:10:00-16:00
住所:京都市北区紫野大徳寺町55

−大徳寺への行き方−
京都市バス204、205、206、101、102、1、12、M1、北8系統で「大徳寺前」バス停下車、徒歩3分
タグ:京都
posted by karesansui at 00:00| Comment(4) | TrackBack(0) | 京都(洛北) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
利家とまつのドラマを見て以来、ずっと行きたいと思っていました。特別拝観でしか見られないので諦めていましたが、こちらのページで秋にも拝観できる事を知りました。ありがとうございました。
Posted by 服部弘美 at 2005年09月04日 13:25
コメントありがとうございます。
> 服部弘美様
秋の定期拝観の時期がネット上に載っています。
http://www.kyotojoho.co.jp/2005_11/11-topics.html
それによると、11月10日から30日までの公開とありました。
ご参考までに・・・。

京都が全体的にかなり混んでる時期かなとは思いますが、参道の紅葉はきれいだと思います。
Posted by karesansui at 2005年09月10日 22:38
22日に芳春院へ行って来ました。お天気も良く思ったとおりの雰囲気で大満足です。詳しく紹介してくださってありがとうございました。紅葉中継のヘリコプターがうるさかったのがとても残念でした。今度はあのお庭を静かに眺めたいです。
Posted by 服部弘美 at 2005年11月25日 18:03
コメントありがとうございます。
> 服部弘美様
芳春院を楽しまれたようで、何よりです。
ただ、ヘリコプターは残念ですね。
京都の庭の味の一つが、静寂でもあるために。

おそらく春と秋に定期拝観を続けていくと思いますので、次回に期待ですね。
Posted by karesansui at 2005年11月30日 23:45
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/3928968
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。