2007年01月23日

京都の路地裏で「番外編」・東寺小子房

「番外編」の10回目は、東寺の「客殿」と位置付けられる小子房(こしぼう)を取り上げます。

東寺の小子房は「こしぼう」と読みますが、検索して調べた限りでは、「小子房」とは「しょうしぼう」と読むケースが多く、僧房とも厨房とも位置付けられることが多いようですが、客殿としての位置付けを持つのは、東寺の小子房くらいなのかもしれません。

東寺の小子房は、弘法大師生誕千百年御遠忌を記念して1934年(昭和9年)に再建されたもので、前述の通り東寺の「客殿」として位置付けられています。
内部は6つの部屋に分かれており、堂本印象が描いた障壁画によって飾られています。この障壁画は、5部屋が水墨画で1部屋だけ極彩色豊かなものとなっていて、その1部屋が「勅使の間」となっています。

東寺小子房は、正月(八日から十四日まで)に行われる「後七日御修法(ごしちにちみしほ)」に欠かせないとされていますが、それはこの小子房に真言宗各派の最高位者が集まり、ここを寝所として後七日御修法を行うからだということでした。
この「後七日御修法」はもともと弘法大師の没前3ヶ月の835年(承和2年)に宮中で行われたのが最初で、廃仏毀釈が起きるまでは宮中行事となっていました。それが1883年(明治16年)に復活してからは、東寺灌頂院で行われています。
小子房と「勅使」は、後七日御修法を通してつながっていると考えることができそうです。

さて、東寺小子房には障壁画の他にもう一つ見どころがあり、それが庭園です。
小子房の庭園は、近代随一の庭園家・七代目小川治兵衛の作とされています。もっとも、七代目小川治兵衛は小子房再建の1年前に亡くなっていますので、この庭園の作庭全てに関与したわけではない可能性もありますが、庭園は1日にして成るものではありませんので、さしあたっては「七代目小川治兵衛作の庭園」ということで、小子房の庭園を紹介したいと思います。


小子房の外観は、この大きな勅使門に代表されます。
koshibou01.jpg
勅使門を抜けるとそのまま正面の「鷲の間」に入ることになりますが、この「鷲の間」では堂本印象が描いた水墨の鷲が、入ってくる者を厳しく見張っています。

小子房の庭園は七代目小川治兵衛作とのことですが、刈り込みは治兵衛らしい温和な印象を受けます。
koshibou02.jpg

また、江戸期の刈り込みとは違い、やや背の高いものもあって、普通のものとは変わった印象を受けます。
koshibou03.jpg

こちらは、先ほどの勅使門の反対側です。
koshibou04.jpg
勅使が通る部分だけ、砂が高く盛られて通路になっているのが見てとれると思います。
この先が前述の「鷲の間」になります。

勅使門より北側は、芝生の庭となっています。
koshibou05.jpg
簡素であまり飾りがありません。
もっとも、入り口付近にはいくつかの鬼瓦が置かれていますけれども。

こちらは、東寺の四方の門の中で唯一の国宝、蓮華門です。
koshibou06.jpg
簡素にして雅な佇まいが、前面に展開される庭園と相まってとても風情を感じさせるものとなっています。


こちらが、七代目小川治兵衛作庭とされる「植治の庭」です。
koshibou07.jpg
池と石組、刈り込み、樹木を混ぜ合わせた庭は、いかにも植治らしい手法、とされています。

この石橋は近年復元されたものですが、当然当初はこのような石橋があったわけで、石橋の存在感がこの庭を引き締めているようにも感じられます。
koshibou08.jpg

この庭園の穏やかさと対比するように後七日御修法を思い起こすとき、そのギャップに少々驚くところがあるかもしれません。
koshibou09.jpg
しかし、ここは鷲の目で勅使を迎えて極彩色の部屋に案内する場ですから、そんなギャップもまた、一つの趣向なのかもしれません。


2007年1月20日拝観(第41回京の冬の旅・非公開文化財特別公開)


−東寺小子房の概要−
宗派:東寺真言宗
住所:京都市南区九条町

−東寺小子房への行き方−
近鉄電車東寺駅から徒歩10分
京都市バス18、特18、42、71、207系統で、「東寺東門前」バス停下車、徒歩5分
・京都市バス16、18、特18、19、42、78、202、208系統で、「東寺南門前」バス停下車、徒歩3分(西行きは歩道橋を渡るため、もっとかかります)
・京都市バス16系統で、「東寺西門前」バス停下車、徒歩3分
JR西日本JR東海京都駅八条口下車、徒歩20分
タグ:京都
posted by karesansui at 23:43| 京都 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 京都(洛中) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/31990507
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。