2006年11月12日

京都の路地裏で:醍醐寺

70回目は、醍醐寺(だいごじ)を取り上げます。

醍醐寺は、弘法大師空海の孫弟子、理源大師・聖宝が、874年(貞観16年)に創建したと伝わっています。
その際、地主神の横尾明神からこんこんと水が湧き出るこの山(醍醐山)を譲り受けたとされていますが、この水を醍醐水と呼び、その水が現在にも伝わっています。

当時の醍醐寺は笠取山(現在醍醐山と呼んでいる場所。現在笠取山と呼んでいる場所は醍醐山の南東約3km)の上にあり、修験道の修行場(霊場)として発展していきます。
現在の特に醍醐寺と呼ばれている領域は、後に醍醐天皇などが堂塔を建てていった場所です。

醍醐天皇以下三代の天皇の庇護の下、山上(通称・上醍醐)には薬師堂などが、山下(通称・下醍醐)には釈迦堂、五重塔などが建立され、大伽藍が完成しましたが、山下の伽藍は五重塔を残して戦火、火災などでことごとく焼け、山上の伽藍も荒れ果てていたところ、豊臣秀吉および豊臣秀頼によって伽藍が再建されました。
その後は特に戦乱の影響もなく、現在に至っています。


醍醐寺は、ユネスコの世界文化遺産に指定されるほど(ある意味世界的にも)有名な寺院ですが、例えば山上までも醍醐寺の一部であることや、秀吉の「醍醐の花見」が下醍醐だけではなく上醍醐に登る途中にある槍山の御殿まで桜が植えられ、秀吉がその御殿から見下ろすように花見をしたであるといった、醍醐寺の本当のことが意外と知られていないので、敢えて取り上げる次第です。


こちらは、三宝院と参道を隔てる唐門です。
daigoji01.jpg
今でも充分風格がある門ですが、創建当時は門全体が黒の漆喰で塗られ、菊と桐の門には金箔が施されていました。
この門は三宝院の勅使門でもあり、この門の向こう側に、三宝院の勅使の間があります。

西大門(仁王門)です。
daigoji02.jpg
門も古いものとはいえ、特に文化財としての指定を受けていませんが、こちらにある木造の金剛力士像は平安時代に彫られた古いもので、国の重要文化財に指定されています。

金堂です。
daigoji03.jpg
もともとは醍醐天皇が926年(延長4年)に建立した釈迦堂が始まりです。
現在の金堂は、豊臣秀頼によって1600年(慶長5年)に完成したもので、紀州湯浅の満願寺本堂を移設したものです。
この金堂に安置されている薬師如来(国重文)が醍醐寺の本尊になります。

五重塔です。
daigoji04.jpg
醍醐寺の五重塔は、951年(天暦5年)に完成した、年代が分かっているものでは京都市内最古の建造物(ちなみに、洛中最古は千本釈迦堂の本堂)で、当然のことながら国宝に指定されています。
初層には弘法大師を含んだ真言八祖が描かれ、この画は弘法大師を描いた最古のものであるとされています。

下醍醐には、林泉があります。
daigoji05.jpg
この林泉は、実業家・山口玄洞の寄進によるものです。
この一帯の大伝法院や大講堂、写真にも写る弁天堂などすべてが山口玄洞の寄進によるものですが、山口玄洞の寄進は醍醐寺にとどまらず、各地の名刹にいくつもの堂塔を寄進しているとのことです(代表的なところでは、神護寺の金堂など)

林泉を抜け、女人堂の脇を抜けて山道を登ること1時間、上醍醐の諸堂が待っています。



下醍醐から登ること1時間ほどで、上醍醐に着きます。

上醍醐について最初に目に付くのが、醍醐寺の由来で触れた醍醐水です。
daigoji00.jpg
現在でも醍醐水が祀られ、コップが置かれて飲めるようになっています。

その隣にひっそりと、国宝の清龍宮拝殿が建っています。
daigoji06.jpg
清龍宮は醍醐寺の鎮守社で、拝殿の上には本殿が建っています。
この本殿は、下醍醐の清龍宮本殿(国重文)とは別のものです。

そしてこちらが、上醍醐の清龍宮です。
daigoji07.jpg

こちらは、准胝堂です。
daigoji08.jpg
現在の堂が建てられたのは1968年(昭和43年)で、新しいものですが、この堂が醍醐寺発祥の堂であり、醍醐水の堂を真下に臨む高い場所に建っています。

薬師堂です。
daigoji10.jpg
こちらの建物は1121年(保安2年)に再建されたもので、山内でも珍しい平安後期の建物です。
他の建物と比べても、全く雰囲気が異なります。
なお、かつてこちらにあった薬師如来は、現在醍醐寺の霊宝館に遷されています。

如意輪堂です。
daigoji09.jpg
現在の如意輪堂は豊臣秀頼によって再建されたものですが、記録によれば「かつての堂に十倍す」とあり、現在の堂の(建っている場所からすると)法外な大きさと、かつての堂の小ぢんまりさが偲ばれます。

こちらが開山堂です。
daigoji11.jpg
開山堂も、如意輪堂ともども豊臣秀頼による再建(1606年(慶長15年))です。


さて、これまで簡単に「豊臣秀頼による再建」などと書いてきましたが、このとき秀頼は13歳。まだまだ分別がついたとは言い難く、醍醐寺の再興には、醍醐寺第八十世座主の義演准后の力もあったのでしょうけれども、秀頼や義演准后以外の意志もあって、秀吉の死後も進められたのではないかと思われます。

豊臣氏は、この開山堂が建ってから10年ほどで滅亡しますが、豊臣氏が遺した諸堂や三宝院庭園は現在に伝えられ、その姿を今日も見せています。
上醍醐には他に五大堂という建物もあり、通称・五大力さんと呼ばれる不動明王が祀られていますけれども、この五大堂や准胝堂が昭和の寺社建築として将来に伝わることもあるのでしょうか。

いずれにしても、上醍醐を見ずして醍醐寺を語ることなかれ、とは言うことができそうです。


−醍醐寺の概要−
寺号:醍醐山醍醐寺
宗派:真言宗醍醐派(総本山)
拝観料:1ヶ所(金堂他諸堂・三宝院・霊宝館)各600円、2ヶ所1,000円、3ヶ所1,500円
(上醍醐は拝観無料)
拝観時間:9:00-17:00(冬季は-16:00、霊宝館は開館期間は春秋各2ヶ月ほど)
住所:京都市伏見区醍醐東大路町22

−醍醐寺への行き方−
京都市営地下鉄東西線醍醐駅から徒歩10分

上醍醐は、下醍醐女人堂から歩いて45-60分程度(かなりきつい上りもありますので、個人差があると思います)です。
普通のハイキングくらいの厳しさはあるので、上醍醐へ行かれる方はきちんと山道を歩ける格好で行くことをお勧めします。
ラベル:京都
posted by karesansui at 21:04| 京都 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 京都(山科・醍醐) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。