2012年03月03日

若年寄の諸国で侘び寂び:根来寺

全国展開の23回目は、根来寺(ねごろじ)を取り上げます。

根来というと、どうしても戦国時代の僧兵のイメージを持ってしまいますが、もともとは興教大師・覚鑁(かくばん)が興した学問所などに由来しています。
覚鑁上人はもともと高野山に本拠を置いており、大伝法院を建立し、鳥羽上皇の庇護を受けてその一派は隆盛していましたが、覚鑁上人の真言宗建て直し、すなわち宗教改革に反発した高野山の他の一派が焼き討ちを行うに至り、1140年(保延6年)に覚鑁は高野山を下りて根来の地に落ち着きました。

その後、1288年(正応元年)に頼瑜僧正が大伝法院を高野山から根来に移したことで根来は学問都市として発展し、最盛期には300とも400ともいう数の子院が置かれましたが、次第にその性格は鉄砲集団へと変質し、近隣の雑賀衆ともども強力な鉄砲集団であったことから、豊臣秀吉の紀州攻めを招いてしまいます。1585年(天正13年)の秀吉による紀州攻めで根来寺はほとんどの建物を焼き払われ、しばらく復興されることはありませんでした。

その後、紀州徳川家の庇護のもので復興が進められ、主要な伽藍が江戸時代にかけて建てられて現在に至っています。


根来寺は国宝の大塔など、大伽藍に目が向きがちですが、名勝庭園を持つ寺でもあります。
そういった根来寺の側面にフォーカスを当ててみたいと思います。


根来寺をもともとの伽藍の通りに訪れるならば、まず始めにくぐるのはこの「大門」になります。
negoroji01.jpg
秀吉の兵火は免れましたが門は持ち去られ、現在の門は1852年(嘉永5年)に再建されたものになっています。

こちらは「大師堂」です。
negoroji15.jpg
根来寺の中で最も古い、秀吉の兵火を免れて今に至った建物です。

大伝法堂」は本尊を祀る建物です。
negoroji02.jpg
隣の大塔と並ぶ大きさは圧巻といえます。

大塔」は根来寺のシンボルの建物といっても過言ではない、日本最大の多宝塔です。
竣工には半世紀以上かかったことが判明しており、当時としても大工事であったことがうかがえます。
negoroji03.jpg
こちらも秀吉の兵火を免れた建物で、国宝に指定されています。

常光明真言殿」、略して光明殿とも呼ばれますが、こちらは御影堂であり、覚鑁上人の像と紀州徳川家の位牌が置かれています。
negoroji04.jpg

不動堂」は、覚鑁上人が高野山で暴徒に襲われた際に身代わりとなった不動明王を祀っています。
negoroji05.jpg
その逸話から、不動明王は『三国一のきりもみ不動』とも呼ばれます。


そして、これらの伽藍から奥へ入ったところに、「奥之院」があります。
negoroji06.jpg
興教大師覚鑁の廟所は、ある種荘厳な雰囲気を湛えています。


根来寺庭園は、大きく3つに分かれます。
まずは聖天堂とその周辺にある池、「聖天池」を中心とした庭。
negoroji07.jpg

穏やかな地割からは、かつてここが僧兵の拠点であったことを伺わせるものが感じられません。
negoroji08.jpg

そして夏には蓮が咲き、訪れる人の目を楽しませます。
negoroji09.jpg
聖天池庭園は平安時代の遺構ではありますが、現代でも心を穏やかにさせる庭として私たちの前にあります。

枯山水庭園」は、江戸時代に紀州徳川家が寄進した名草御殿(本坊の一部)と常光明真言殿、そしてその渡り廊下の間に広がる平庭です。
negoroji10.jpg
negoroji11.jpg
江戸時代という時代背景を表してか、どちらかといえば植栽が目立つ庭ですが、その中にスッと立つ石があるというのは珍しいように思えます。

池泉式庭園」は、枯山水庭園から地続きになった、自然の地形と水を生かした庭園です。
negoroji12.jpg
このように、枯山水庭園の奥に山肌の植栽と池が見えます。
negoroji13.jpg
このようにつながって見えるところに鑑みれば、枯山水と池庭は一緒のものとして扱って良いように思えます。

そして、聖天池が蓮ならば、こちらの庭は睡蓮です。
negoroji14.jpg
夏の濃い緑と睡蓮、蓮はとても印象的です。
おそらくは、他の季節にも他の顔があるのでしょう。


根来寺は僧兵の拠点というイメージが強かったのですが、これらの建物と庭を見ると、とてもそんな印象はありません。むしろ、戦国時代よりも昔の学問都市の頃の何かが、今に伝わっているのではないでしょうか。
そういった日本史にあまり出てこない一面を見るために、根来寺を訪れることをお勧めしたいです。


−根来寺の概要−
正式名称:一乗山大伝法院根来寺
宗派:新義真言宗
拝観料:500円
拝観時間:9:10-16:30(11〜3月は-16:00)
住所:和歌山県岩出市根来2286

−根来寺への行き方−
南海電鉄南海本線樽井駅、JR西日本阪和線和泉砂川駅から和歌山バス那賀「岩出駅前」行きに乗り、「根来寺」バス停下車すぐ、または「岩出図書館」バス停下車、徒歩10分
・JR西日本阪和線紀伊駅から和歌山バス那賀「近畿大学」または「粉河駅前」行きに乗り、「根来」バス停下車、徒歩20分

ラベル:和歌山
posted by karesansui at 21:52| 京都 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | その他の地域 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。