2006年09月24日

京都の路地裏で:大覚寺

67回目は、浄土式庭園よりもさらに前の時代の庭園の遺構、大沢池を持つ大覚寺を取り上げます。

大覚寺は、嵯峨天皇が現在の大覚寺の地に造営した嵯峨離宮が始まりとされています。
嵯峨離宮は876年(貞観18年)に、嵯峨天皇の長女・正子内親王によって寺院に改められ、大覚寺となりました。
初代の門跡(住職)に、弘法大師の法灯を継ぐ淳和天皇皇子の恒寂入道親王(仁明天皇の皇太子、承和の変で皇太子を廃された)が迎えられました。

以後、後嵯峨上皇、後宇多法皇などが大覚寺の門跡となり、鎌倉時代に皇統が2分したとき(これが後の南北朝の戦乱を招く一因となります)に、亀山天皇、後宇多法皇の皇統の上皇が大覚寺に入られたことから、「大覚寺統」という言葉が、歴史上のものとして今日に残ることとなりました。
また、後に南北朝が合一したときも、三種の神器が帰還する儀式は大覚寺で行われるなど、大変皇室と所縁の深い寺院でした。

その後、応仁の乱などで建物が焼け、江戸初期にある程度復興し、その後もいくつかの建物を復興したり、大沢池(後述)を整備して現在に至っています。

大覚寺は、寺院というよりは御所という雰囲気が強く、建物にも「宸殿」「正寝殿」「五大堂」といった、寺院では聞き慣れない言葉が使われています。

大覚寺の主たる庭園といえば大沢池のことを指しますが、大覚寺の諸堂の周りの庭園も含めて紹介したいと思います。


こちらは、五大堂(本堂)から撮った勅使門と諸堂の前庭です。
daikakuji01.jpg
簡素な庭園の中に、紅枝垂桜だけが目立っています。
それなりに広い庭ではありますが、遠くに洛西の山々を取り込んでさらに大きく庭を見せています。

建物の反対側も、所々に庭園が設えられていますが、宗派の違いもあってか、禅宗のような厳しい印象を受ける庭園はなく、優美な王朝風のものが多いように感じられました。
daikakuji02.jpg
あるいは、天皇家から下賜されたものが多い建物の雰囲気が、庭にまで影響しているのかもしれません。


大沢池は大覚寺の東にあって、日本最古の人工の林泉の一つとされています。
嵯峨天皇が離宮を造営するにあたり、中国の「洞庭湖」を模したために、大沢池を「庭湖」とも呼びます。
daikakuji03.jpg
また、池の中には「天神島」「菊ヶ島」と、その間に「庭湖石」が置かれ、これが現在のいけばな嵯峨御流の基本となっているとのことです(水盆を大沢池に見立て、二島一石の配置をします)。

写真の左が菊ヶ島、右が庭湖石です。
島や石自体は後年に整備されているものと思われますが、このような遺構が現在に伝わっているのは大変珍しいことです。

こちらは、嵯峨離宮内の庭園に設けられた滝、「名古曾の滝」の跡になります。
現在では滝石組が復元されています。
daikakuji04.jpg
また、写真手前側の遣水についても、発掘の結果を元に復元が行われました。

発掘された遣水が再現されている庭園で有名なのは、岩手・平泉の毛通寺が挙げられます。
これもまた、価値のあるものです。

大覚寺は、平安時代中期までの庭園の特色である「舟で廻る庭園」としての寝殿造系庭園のスケールを現在に残す、ほぼ唯一に近い遺構です。
daikakuji05.jpg
大覚寺では舟による花見、月見が行われ、それはいささか商売っ気があるのは間違いありませんが、それでも平安当時の行事を今に伝えるという努力は賞賛に値するものではないかと思います。

まだ浄土教の影響が出ない頃の平安の気風を感じる場所として、大覚寺と大沢池は日本で唯一の場所であり、これを是非大切に、後世に伝えていければと思っています。


−大覚寺の概要−
寺号:嵯峨山大覚寺
宗派:真言宗大覚寺派
拝観料:500円
拝観時間:9:00-16:30
住所:京都市右京区嵯峨大沢町4

−大覚寺への行き方−
京都市バス28、91系統で、「大覚寺」バス停下車、すぐ
京都バス61、71、81系統で、「大覚寺」バス停下車、すぐ
ラベル:京都
posted by karesansui at 10:09| 京都 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 京都(洛西) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。