2011年03月19日

京都の路地裏で「番外編」・妙心寺海福院

今回の「番外編」は、第45回京の冬の旅非公開文化財特別公開で特別公開されている、妙心寺海福院(かいふくいん)を取り上げます。

海福院は、1616年(元和2年)に福島正則が夬室智丈和尚を開山として創建されました。
年代からして、大阪冬の陣、夏の陣での戦死者を弔う意図があったように思われます。
しかしながら福島正則はその後すぐに改易され、川中島で失意のうちに没していきます。そして一度は断絶し、甥が跡をついで旗本として存続して、というめまぐるしい変化が福島氏にはありました。

しかしながら海福院は、変わらず福島氏の菩提寺であり続け、福島正則の墓やゆかりの寺宝を残して現在に至っています。

海福院は「都林泉名勝図会」にその存在を書かれていて、狩野探幽の襖絵の逸話が書かれています(国際日本文化研究センターのwebサイト読むことができます)。
それによれば、「酒に酔った狩野探幽が、唐紙の襖に猿回しの絵を描いたために、住職が怒って狩野探幽が恥じ入った。ただ、その画は出来がよかったために、後世その寺の名物となった」というようなことだそうです。
そして、海福院の庭園を作ったのは、都林泉名勝図会や都名所図会などの作者・秋里籬島(あきざとりとう)といわれ、不思議なつながりを持った寺といえるでしょう。
ここでは、その庭園を中心に見ていきたいと思います。


こちらが海福院の庭園になります。
kaifukuin01.jpg
江戸後期の庭園であり、石組などがとても小さなものに感じます。
この時代になると、江戸初期のような豪放な石組などは見られなくなり、おとなしいものが増えてきています。こちらの石組もそのような流れを汲むものと考えられます。

また、海福院には隠し茶室があり、庭の蹲は実用的な用途もあったのかもしれません。
kaifukuin02.jpg
妙心寺では修行僧の茶道が禁止されていたことから、庭の真ん中に蹲があるのが不自然にも思えますが、旦那のためということで通っていたのでしょうか。

手水鉢は円山応挙のデザインとのこと。
kaifukuin03.jpg
むしろ現代的な感覚といえるのではないでしょうか。

門へ向かっての通路を挟んだ反対側は、あたかも中庭のようになっています。
kaifukuin04.jpg
整備された時期等は分かりませんが、風情のいい落ち着きある庭になっています。


海福院はもともと庭園以外に見るべきものが多いと思いますが、そのことを紹介する文章を書いた人が庭を作庭しているというのは、実に面白いことではないかと思います。


2011年1月29日拝観(第45回京の冬の旅・非公開文化財特別公開)


−妙心寺海福院の概要−
宗派:臨済宗妙心寺派
住所:京都市右京区花園妙心寺町54


−妙心寺への行き方−
JR西日本山陰本線(嵯峨野線)花園駅から徒歩8分
京福電鉄(嵐電)北野線妙心寺駅から徒歩3分
京都市バス10、26系統で、「妙心寺北門前」バス停下車、すぐ
・京都市バス91、93系統で、「妙心寺」バス停下車、徒歩3分
京都バス61、62、63、65系統で「妙心寺」バス停下車、徒歩3分


ラベル:京都
posted by karesansui at 23:40| 京都 | Comment(0) | TrackBack(0) | 京都(洛西) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。