2005年12月18日

京都の路地裏で:金福寺

61回目は、俳句の聖地と言われる金福寺(こんぷくじ)を取り上げます。
konpuku00.jpg

金福寺は、864年に安恵僧都(第四世天台座主)が慈覚大師円仁自作の観音菩薩を本尊に、天台宗の寺院として創建されました。

その後は荒廃し、元禄の頃に鉄舟和尚によって再興され、臨済宗南禅寺派の寺となりました。
その頃、松尾芭蕉は「奥の細道」の旅が終わり、たびたび京都に滞在していた(芭蕉DBの年表によれば、京都と大津、膳所、伊賀上野あたりを行き来していたようです)ようで、その際に鉄舟和尚を訪れていたのでしょう。
芭蕉が金福寺の芭蕉庵に住んだことはありませんが、この縁で、金福寺の丘にあった庵が芭蕉庵と呼ばれるようになり、その後一時荒廃したものの、与謝蕪村によって現在の芭蕉庵が建てられるに至ります。

金福寺の庭園は、斜面を生かした刈り込みに特徴があるものです。
この庭園と芭蕉庵を中心に、金福寺を見ていきます。


中門をくぐって右手、書院と反対側に蹲があります。
konpuku01.jpg
銭型の蹲ですが、龍安寺の水戸光圀寄進のものとは異なり、特に由緒があるわけでもなさそうです。

その蹲がある場所から正反対に振り向くと見えるのが、書院前にある庭園です。
konpuku02.jpg
紅葉は鮮やかですが、それよりも、石組が少なく、石も小さく、刈り込みだけでまとめられている、庭の簡素さが目に付きます。
このあたりは、禅寺の主庭らしい部分ではないかと思います。

刈り込みの近景です。
konpuku03.jpg
様々な形の刈り込みが、人の手によって造られ、手入れされて、遠目に映えるようになっているのが良く分かると思います。

芭蕉庵の近景です。
与謝蕪村は、この庵で一門と句会を開いていました。
konpuku04.jpg
また、芭蕉庵からさらに登ったところには、与謝蕪村の墓もあります。

与謝蕪村は江戸俳諧の中興の祖とされていますが、生まれは大阪(都島)で、40代以降は京都に居を構えるなど、むしろ関西方面に縁が深かったことは少々意外な感もあります。

芭蕉庵から書院を眺めます。
konpuku05.jpg>
芭蕉庵は一乗寺の高台にあるため、かつては京都市中を見下ろせたと思います。
今でも、与謝蕪村の墓などがあるところからは、京都市内を一望できます。

この写真は紅葉の盛りの頃なので、人が書院に鈴なりになっていますが、普段は静かで、芭蕉の目指した俳諧の境地を表すような、侘び、寂びを感じられる場所だと思います。

また、金福寺は幕末の女隠密・村山たか女(可寿江とも)の終焉の地であり、俳諧の色とは全く別の色が、書院の中や境内の弁天堂などに眠っていることも付け加えておきます。

人が一つの見方では収まらないように、寺も一つの色では収まらず、そして、一つの言葉ですらも一つの意味に収まらないことは、芭蕉の俳句などにも良く見られることではなかったかと記憶しています。


−金福寺の概要−
寺号:佛日山金福寺
宗派:臨済宗南禅寺派
拝観料:300円
拝観時間:9:00-17:00
住所:京都市左京区一乗寺才形町20

−金福寺への行き方−
京都市バス5、65、北8系統で「一乗寺下り松町」バス停下車、徒歩10分
京都バス18、55系統で「一乗寺下り松町」バス停下車、徒歩10分

近隣に詩仙堂(丈山寺)圓光寺があります。
ラベル:京都
posted by karesansui at 00:38| 京都 ☀| Comment(4) | TrackBack(1) | 京都(洛北) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
質問をお許しください。
現在この金福寺には常に僧はいらっしゃらなのでしょうか。
今から80年ほど前に楠という僧はいらっしゃいませんでしたか。
よろしかったら教えていただけるとありがたいのですが〜
Posted by 鈴木 牧子 at 2006年06月18日 17:15
コメントありがとうございます。
> 鈴木 牧子さん
金福寺は、今でもお坊さんがいないということはないと思います(基本的に、拝観料を取るお寺では無人ということはほとんどありません)。
ただ、80年前の僧の名前、となると分かりかねるところではあります。申し訳ございませんが。
Posted by karesansui at 2006年06月18日 19:28
6月にコメントを書き込みながら〜返信がすっかり遅くなってすみませんでした。

ありがとうございました。

楠って僧が昔いらっしゃってその子供に双子の男の子が生まれ、その内の一人をその当時、檀家総代のところに養子に出されましたそうで、その子供が私の祖父にあたる方だと亡き父からきいていましたので、一度たずねて見たかったのです。

随分昔のお話をしてすいませんでした。
ありがとうございました。
金福寺っていうたら、京都にこちらしかありませんよね。
Posted by 鈴木 牧子 at 2006年08月11日 14:20
コメントありがとうございます。
> 鈴木 牧子さん
Yahoo!電話帳で調べてみましたが、京都府内には「金福寺」という名前の寺は現在2つあります。
一つはこの金福寺。もう一つは、京丹波町にあるようです。
とりあえずご参考までに。
Posted by karesansui at 2006年08月19日 09:46
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

金福寺 芭蕉の庭に雪
Excerpt: 洛北にはもうひとつ好きな庭があります。 芭蕉に縁の深い金福寺。 詩仙堂から南へくねくねした細い道を歩いていくと こじんまりとした山門に突き当たります。
Weblog: 京・壷螺暮2006
Tracked: 2006-02-07 21:50
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。