2012年03月03日

若年寄の諸国で侘び寂び:根来寺

全国展開の23回目は、根来寺(ねごろじ)を取り上げます。

根来というと、どうしても戦国時代の僧兵のイメージを持ってしまいますが、もともとは興教大師・覚鑁(かくばん)が興した学問所などに由来しています。
覚鑁上人はもともと高野山に本拠を置いており、大伝法院を建立し、鳥羽上皇の庇護を受けてその一派は隆盛していましたが、覚鑁上人の真言宗建て直し、すなわち宗教改革に反発した高野山の他の一派が焼き討ちを行うに至り、1140年(保延6年)に覚鑁は高野山を下りて根来の地に落ち着きました。

その後、1288年(正応元年)に頼瑜僧正が大伝法院を高野山から根来に移したことで根来は学問都市として発展し、最盛期には300とも400ともいう数の子院が置かれましたが、次第にその性格は鉄砲集団へと変質し、近隣の雑賀衆ともども強力な鉄砲集団であったことから、豊臣秀吉の紀州攻めを招いてしまいます。1585年(天正13年)の秀吉による紀州攻めで根来寺はほとんどの建物を焼き払われ、しばらく復興されることはありませんでした。

その後、紀州徳川家の庇護のもので復興が進められ、主要な伽藍が江戸時代にかけて建てられて現在に至っています。


根来寺は国宝の大塔など、大伽藍に目が向きがちですが、名勝庭園を持つ寺でもあります。
そういった根来寺の側面にフォーカスを当ててみたいと思います。


続きを読む
タグ:和歌山
posted by karesansui at 21:52| 京都 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | その他の地域 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。