2011年07月23日

若年寄の諸国で侘び寂び:那谷寺

全国展開の22回目は、石川県の古刹、那谷寺(なたでら)を取り上げます。

那谷寺は、越の大徳と呼ばれた名僧・泰澄によって、717年(養老元年)に創建されたと伝えられています。その際に、霊夢に現れた千手観音の姿を彫って岩窟内に安置したとされています。
986年(寛和2年)、行幸された花園法皇が岩窟内の観音三十三身の姿を感じ、西国三十三箇所観音霊場の一番「那智山(青岸渡寺)」と三十三番「谷汲山(華厳寺)」の一字をそれぞれ取って、那谷寺に改名したとされていますが、真偽の程は不明です。

その後、南北朝時代に荒廃し、白山の修験者などによって何とか命脈を保ち、1640年(寛永17年)に前田利常の再興を得ます。そして三重塔や書院等、大半の伽藍がこの時期に再建され、現在に至っています。

那谷寺は前田利常に由来する名勝庭園を持ち、さらに数々の見所がありますので、順を追って見ていきたいと思います。


続きを読む
タグ:石川
posted by karesansui at 23:15| 京都 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | その他の地域 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。