2011年06月26日

京都の路地裏で:随心院

久々になった京都ネタですが、81回目は随心院(ずいしんいん)を取り上げます。

随心院はもともと牛皮山曼荼羅寺の塔頭として建てられた寺院です。
この牛皮山曼荼羅寺ですが、991年(正暦2年)に仁海を開基に建立された、真言宗の寺院です。
その後、1229年(寛喜元年)に後堀河天皇の宣旨によって門跡寺院とされ、この頃から随心院門跡と称されるようになったようです。

応仁の乱の際には境内が焼けてしまい、現在地に再興されたのは、1599年(慶長4年)になってのことでした。

随心院がある小野の地は、その名の通り小野氏の根拠地で、随心院も小野小町ゆかりの寺と名乗っています。
しかしながら、小野小町とはあまり関係がない庭園を中心にみていきたいと思います。


続きを読む
タグ:京都
posted by karesansui at 23:18| 京都 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 京都(山科・醍醐) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。