2011年05月28日

若年寄の諸国で侘び寂び:雲樹寺

全国展開の21回目は、安来のサツキ寺として知られる雲樹寺(うんじゅじ)を取り上げます。

雲樹寺は、1322年(元享2年)に弧峰覚明禅師(国済国師、三光国師)を開山として創建されました。
弧峰禅師は、もともとは比叡山で受戒して天台教学を学んでいましたが、のちに禅宗を学び、中国(当時は元)に渡って修行したという経歴を持っています。
そして雲樹寺を開いた後、隠岐に流されていた後醍醐天皇が船上山で挙兵したときに招かれ、「国済国師」の号と「天長雲樹興聖禅寺」の額を賜ったり、後村上天皇の帰依を受けて「三光国師」の号を賜ったりしています。

元禄の頃に伽藍の大修理が行われ、併せて現在の庭園が整備されましたが、1820年(文政3年)に伽藍の大半が火災で焼失し、後に再建されて現在に至っています。

雲樹寺といえばやはりサツキの庭園であり、それを中心に取り上げたいと思います。


続きを読む
タグ:島根
posted by karesansui at 22:10| 京都 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | その他の地域 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。