2011年02月27日

京都の路地裏で「番外編」・建仁寺正伝永源院

今回の「番外編」は、第45回京の冬の旅非公開文化財特別公開で特別公開されている、建仁寺正伝永源院(しょうでんえいげんいん)を取り上げます。

長い名前ではありますが、もともとは「正伝院」と「永源庵」という2つの塔頭が併合されたものであり、正伝永源院は正伝院の流れを受けています。
正伝院は、普覚禅師を開山に南北朝時代に建立された塔頭で、1618年(元和4年)に織田有楽斎こと織田長益によって再興されたものです。国宝茶室「如庵」は、織田有楽斎が正伝院で建てた茶室です。
一方永源庵は、細川頼有の帰依を受けた無涯和尚を開山として現在の正伝永源院の場所に開創され、細川家の菩提寺となっていました。

明治の廃仏毀釈は永源庵を廃寺とさせ、正伝院をして如庵を売却させることとなりました。
正伝院は永源庵の地に移り、正伝永源院となって今に至ることとなりましたが、同時期に払い下げられた如庵は何回か移転を重ねることとなり、最終的に1972年(昭和47年)に名古屋鉄道によって名鉄犬山ホテルの現在地に移転され、現在に至っています。

正伝永源院では近年如庵の写しを建てることを企図し、1996年(平成8年)に如庵を、傷んだ部分も含めてそのまま復元した茶室ができました。
今回の公開では如庵も含めて、寺宝等が公開されていましたが、撮影可能だった庭園等を中心に紹介したいと思います。


続きを読む
タグ:京都
posted by karesansui at 23:09| 京都 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 京都(洛中) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。