2010年11月27日

いざ鎌倉へ:第十二回・海蔵寺

久々の鎌倉ネタ、十二回目は海蔵寺(かいぞうじ)を取り上げます。

海蔵寺は、もともとは1253年に藤原仲能によって創建されたものですが、鎌倉幕府滅亡の際に焼け、今の海蔵寺となるのは1394年(応永元年)に上杉憲定の再興によるものです。
かつては一帯に塔頭を多数構えていた海蔵寺も、時代が下るとともに衰え、今では往時を偲ぶものはほとんど残っていません。

海蔵寺は、その本堂裏の庭園がなかなか見どころありますので、それを中心にみていきたいと思います。


続きを読む
posted by karesansui at 14:54| 京都 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 鎌倉(小町・材木座・その他) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。