2010年09月30日

若年寄の諸国で侘び寂び:輪王寺

全国展開の18回目は、仙台・北山の古刹、輪王寺(りんのうじ)を取り上げます。

輪王寺は、1441年(嘉吉元年)に伊達家十一代持宗によって建立されました。
輪王寺は伊達家による伊達家のための寺であったため、当初は伊達家の出身地・梁川に建立されましたが、伊達家が居城を転々とさせたため、輪王寺もこれに従って所在を何度も動かすこととなり、現在の地に落ち着いたのは1602年(慶長7年)のことです。

江戸時代は伊達家の庇護の下で発展してきましたが、明治時代になり伊達家の庇護を失い、さらに1876年(明治9年)の火災で仁王門以外のすべての伽藍を失ってしまいました。
これに対し、曹洞宗の大本山・永平寺と総持寺は、1903年(明治36年)に福定無外和尚を住職に任命して復興を行わせました。福定和尚の努力により1915年(大正4年)に現在の庫裡と本堂が完成し、後に庭園の整備等が行われて現在に至っています。

輪王寺は、この辺りでは珍しい庭園が美しい寺であり、その庭園を中心に輪王寺をみていきたいと思います。


続きを読む
タグ:宮城
posted by karesansui at 22:31| 京都 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | その他の地域 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。