2010年08月22日

若年寄の諸国で侘び寂び:興禅寺

全国展開の17回目は、木曽三大寺の一つ、木曽福島の興禅寺(こうぜんじ)を取り上げます。

興禅寺は、1434年(永享6年)に、木曽信道が先祖の菩提を弔うために荒廃していた寺があった場所を改めたものです。木曽氏は木曽義仲を祖先とするような系譜がありますが、実際にはそのような血筋のつながりはなく、当初から木曽義仲の存在を念頭において興禅寺を創建したわけではないようです。

ともあれ、全山とも三度にわたる火災(昭和に入ってからですら、宿場街が全滅するほどの大火が起きています)により古い建物は残っていませんが、この地の中核をなす寺としてすぐに再興され、また、近年は庭も造られて現在に至っています。

興禅寺は、4つの庭を持ち、特に石庭として日本一の広さを持つ看雲庭はつとに有名です。
これらの庭を中心に興禅寺を見ていきたいと思います。


続きを読む
ラベル:長野
posted by karesansui at 22:10| 京都 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | その他の地域 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。