2010年01月31日

しばし、滋賀のことでも:百済寺

1年半ぶりの「滋賀」ですが、3ヶ月にわたって湖東三山と永源寺について書いていきます。まずは、百済寺(ひゃくさいじ)を取り上げたいと思います。

百済寺は、推古天皇の時代に聖徳太子が百済人のために創建したと伝えられています。そして、当時の本尊は「太子自作の植木の観音」だったと伝えられています。
聖徳太子創建の寺というものは往々にして単なる伝説に過ぎないことが多いのですが、この寺号からは渡来人と何らかのつながりがありそうです。

百済寺は平安時代に天台宗に改められ、「湖東の小叡山」と称されるほどの規模を誇ったようですが、失火や戦火で古建築を失い、さらに織田信長の焼き討ちに遭ってすべて灰燼に帰してしまいました。

その後、堀秀政によって仮本堂が建てられ、1650年(慶安3年)に至ってようやく現在の本堂、仁王門などが完成しました。
1940年には喜見院が現在地に移転され、それに併せて庭園も移築されて現在に至ります。


百済寺は、『天下遠望の名園』と呼ばれる庭園がみどころですので、この庭園を中心に書いていきます。


続きを読む
ラベル:滋賀
posted by karesansui at 22:16| 京都 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 滋賀(湖北・湖東) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。